印刷ブログ
BLOG

12345...

エンボス加工された紙袋にシルク印刷

表面がエンボス加工、少々凹凸がある。指で触るとわかるレベルだ。こちらの表面にシルク印刷1面1色

 

予備があったのでテストしたが、SG740インキでは粘度が柔らかいのでエンボスの凹みに文字列がかかると滲んでしまう。作業性を考えるとSG740だが、ここは再現性を重視して粘度の高い硬いインキで刷る。作業性は悪いが再現性は全然良い。200枚程、無事終わった。

 

今日は証書をやったり、来週の用意をしたり、なんだかんだ追われている。そして雪かきも(笑)

黒い紙に白でシルク印刷

黒い紙、細い文字、細かいデザイン、印刷工場泣かせの案件だ。作業性の良いインキを使うと沈んで白にならない

 

白が濃く出るインキは速乾性なので目詰まりが激しい、JRPインキ、コンクホワイト, T-950超遅乾溶剤で刷る。メッシュも300なので尚の事目詰まりが激しい。ここまでのデザインはUVインキで刷った方が良いと思う。UVインキを導入しようと何度か考えたが、それほど需要が無いので設備投資をあきらめた。

 

毎日出る案件ならばUVだが、インキも高い、設備も高い。それを償却できるか、誰もわからない

 

紙袋にシルク印刷 2色

紙袋なのでNGが出せない、やり直しもできない。さらに2色で微妙な位置合わせだ、1㎜でもズレるとおかしくなってしまう、ズレは承知でやっているがやはりそこは職人魂でズレなく綺麗に仕上げたい。

 

300枚、片面、午前中に1色目、午後に2色目。今週は袋関係が多かったが、来週はどうなるのかなと、今年もいろいろな案件がやってきそうだ

卒業証書にシルク印刷

紙素材なのでどんなインキでも密着する、作業性が良いSG740で刷る。黒と赤なので比較的簡単だ、昨日今日で仕上げ、枚数的には100枚程。午前中は天気が良いが、明日から荒れ模様になるらしい。できるだけ今日やれることをやっておきたいが、明日の天気が悪ければ今日はのんびりして、明日仕事をやったほうが気分的には良いと感じる。

 

明日は大きなチェア15台ほどに印刷、小ロットで大きいので一人でやりたい。あとは傘カバー、こちらは難しいが、これも一人でコツコツやる案件なので明日と日曜でできるだけやろうと思う

紙袋に急ぎでシルク印刷

資材が到着したのが先日のお昼時、それを夕方までに最低200枚必要との事。片面1色で小さな面積なので問題は無い、とりあえず17時の時点で仕上がっている分を200枚梱包してそのままヤマトに届ける。ちょうど他の貨物もあったので持ち込み持参。

 

月末だったので夜は月末処理を行い、郵送するぶんはポスト投函。そうでない請求書はクラウドから送信すれば終わるので落になった。かれこれ2年目だが、クラウドが無い時は手書きだったが、今や劇的に事務処理が減り、本来の技術に集中できる。又は早く帰って休むこともできる。社会全体的にクラウトとIT化が進めば、どれだけ無駄な作業と残業がなくなるであろうか。あと10年はかかるかもしれないが、10年のロスを取り戻すことは不可能だ、すぐ行動するしかない。

 

まだ明日があるさ、いつかやればいいさ~と思っていると取り返しのつかないことになる。音速、光速と考えてしまうとほんの一瞬の戸惑いが1光年のロスとも考える事ができる。

和紙にシルク印刷

新潟県長岡市は和紙製造工房が多い、和紙で作る名刺、証書等、1年を通じていろいろやってくる。綺麗に断裁されていれば良いが写真のような耳付きの場合は位置合わせができない。

 

重なる多色印刷は不可だが、そうでなければできる。小ロットで80枚程、3色。今日は朝から夜まで東京に行くことになる、なんと2年ぶりくらいだ。ドキドキ感もあり、なんだか子供の頃の修学旅行のようだ

山櫻の封筒にシルク印刷

山櫻といえば封筒業界では有名だと思う、こちら弊社取引先が持ち込みシルク印刷  1面1色なので問題は無い、枚数は1000枚と少々ロットがある。マチの部分に当らないので、刷りやすいといえば刷りやすいがそれでも1つ1つ手で刷るので時間がかかる。

 

今日は秋晴れで天気が良い、こんな日が続けばよいが、新潟の冬は寒く暗くなる。まぁ楽しもう

紙袋にシルク印刷

まったく問題ない印刷だ、ただ、紙なのでNGが出せない、消せないやり直しができないと思うと紙製品が一番気を使ってしまう。ほとんどの場合は予備があるので安心だが、やはり刷る方としては極力NGを出したくない。

 

両面で黒、150枚程なので小ロット

 

今週はある程度スムーズにいきそうな案件ばかりで神経を使うような案件が無い。気持ち的に楽だが、ストレスがかかる仕事も適度にあったほうがいいと思っている

紙袋にシルク印刷1面1色

なんてことない簡単な部類に入る紙袋の片面にシルク印刷1面1色

 

しかも黒なのですぐに刷れる。ちょうど別案件で硬化剤注入した黒が余った、SG740だが紙に密着はするし、刷りやすいインキだ。そのまま捨てるにはもったいないので、急遽余ったインキで印刷開始。18:00には終わった、150枚程度。これでロスになったはずのインキを有効活用できた。

 

こういう感じの少なからずのコスト削減が重要だと思う。 世の中見れば消費税が10%になっているが、いったいどこでこの財源がつかわれているのであろうか。一番使い道が曖昧なのが消費税財源だと感じてしまう

カップスリーブにシルク印刷

コーヒーや熱い飲み物にそえるカップスリーブ、こちらに1色で印刷。少々急ぎだった、昨日はいって今日だし、1色で1000枚、半自動機にセットしてどんどんと印刷。半日で終わったので、無事納品できる。

 

今日も細かい案件があるが、小ロット案件は土日で一人コツコツやろうと思っている。天気もあまりよさそうではないので、仕事日和だ

12345...