印刷ブログ
BLOG

PE ポリエチレン袋にシルク印刷

PE ポリエチレンでできている袋に2色シルク印刷、2色はかけあわせがあり難しい、急ぎなのでなかなか大変だが多少のズレは了承いただくということで特急しあげ。綺麗に仕上げたいが、それだけ時間がかかってしまう。納期優先か仕上がり優先か、どちらも欲しいが今回ばかりはどちらかを選ばなければならない状況。

 

完成すればそれほどズレもわからなく、出てもほとんどわからないレベルだ。インキは60A、使い勝手が悪いインキだが弊社ではほぼ毎日使用するほど慣れている、希釈さえ慣れればそれほど面倒なインキでもない。

 

今週は大きなロットを続けるが、1万工程を半分にする知恵を今日製版し試してみようと思う。1万工程が半分になれば相当楽になる、創意工夫で乗り越えるしかない

PEポリエチレン素材のバッグにシルク印刷

お盆前に印刷をしたものと同じものがやってきたが、どうも先方がRマークをいれるのをわすれてしまい、増刷で新版でもう200枚ほどやることになった

 

慣れているのですぐに製版、色をだして先日の午前中で仕上げる。一応T-950溶剤をいれてあるので乾燥には時間をかけ、とはいっても数時間で乾くが、一応1日。

 

今日もいろいろな案件が続くが、1つ来週納期だと思っていたのが再来週だったことに気づいた。ということでPPの傘の取っ手1000本の案件を今日明日と日曜で一気にしあげようと思う。月曜皆が出社したら工場内が傘だらけになっているであろう。またこれも変な風景だが、弊社ではいつものことだ

 

今週半ばには急ぎで数日仕上げ依頼があったが、なんとか場内と自分のスケジュールを調整し、何とかしあげた。あとは梱包だが、週末をフル稼働にするために子供との遊びはまたお預けかな。でも天気次第では少しだけでかけようと思っている。自分なりの働き方改革と意識改革、遂行中といえるかもしれない。

ポリエチレンの給水バッグにスクリーン印刷

どうみてもインキが密着しなさそうなPEの透明袋、もちろんPEインキを使用すればそこそこ密着するが、それだけでは足りない。

 

こちらにどうしても印刷したいということで試行錯誤、3つの工夫を活用し、弊社なりに印刷、密着させた。インキメーカーは公表しないやりかたで密着をさせる、下処理、インキ、そして特殊な硬化剤。これらを組み合わせればほぼ完ぺきに密着する。もちろんPEなのでインキは浸透しないで表面に付着する状態だが、これは現実だ

 

その密着度をUPする工夫をするだけだ、こちらの案件も他社ではNGだったもの、弊社の仕事になれば幸いだと思う

PEの袋にスクリーン印刷

PE ポリエチレン製の袋にスクリーン印刷。 PEなのでそのまま密着するインキもあるが、やはり下処理をしたほうが密着が良いので、1つ1つプライマー処理を行う

 

両面、合計で4色、定期的にやってくる袋なので事前に袋を送付してもらい、印刷をし、在庫をもてばいつでも出せる。順次できることをやって短納期に対応できるようにしなければならない

 

明日は息子の入学式だ、春がやってきたと思えば先日は雪。なんとも言えない天気だが、春はもうそこまでやってきている!

ビニール傘の内側にスクリーン印刷

ビニール傘の表面への印刷はよく手掛けているが、内側にはあまり行っていない。しかし弊社では何年も前から地元十日町の児童傘の内側に印刷をしている。

 

昔は一人が傘をおさえ、もう一人が印刷をした重労働であったが、今は治具を作り、一人でも印刷ができるようになり、効率化している。合計で40本程、一人で最初から最後まで仕上がった。

 

裏面には版のアルミ枠が骨にあたらないように工夫しなければならないが、これも創意工夫次第で問題なくできる。

 

ビニール傘の内側への印刷、お問い合わせください。

黄色い児童傘にスクリーン印刷

児童が使う黄色い傘、子供のころにつかった覚えがある。こちら500本程に黒1色で印刷。 てっきり学校用かと思えば、、、デザインからして学校ではあるが大人の学校っぽい。

 

しかしいつの年齢でも学習は大切だ、今日で1月が終わる。第一週は休みではあったが、その後は徐々に稼働し、忙しくなってきた。2月もどうなるかわからないが、卒業シーズンにいろいろなノベルティや工業製品への名入れが続きそうだ。

 

今週土曜日はデザイナーさんをあつめて午前中だけ工場を開放、スクリーン印刷を体験してもらう。今週もあわただしい日々が続きそうだが、雪は降らなさそうだ

ビニール傘への2色シルク印刷

セリアで販売されている50cmの傘、こちら60本程にシルク印刷。 これは通常ではあるが、今回は2色の印刷。 出来上がっている傘に2色は難しい、重なりがあるデザインだとまずNGだ

 

今回はロゴと施設名があり、5mm程離れているので問題なくとりかかる。とはいっても重なってしまってもズレもよくないのでかなり正確に位置合わせができるような治具をつくり、弊社にある専用の傘印刷台でバキュームで吸着ししっかりと固定。

 

60本程の小ロットだが、午後から行い、1色目を乾燥させ夕方に2色目をやった。半日で終わったのであとは乾燥させ、梱包をするだけだ。

 

ビニール傘へのシルク印刷、多色もデザインによっては可能です。

LDPEのボトルに回転スクリーン印刷

LDPE製のボトル、フニャフニャしているので専用のブロー印刷機が必要だが、1年に1回ほどやってくる。コツと専用治具を開発したので、問題なくできる。ロットは200個、難しい印刷ではあるが、もう慣れたもの

だ。 人間知恵と工夫でなんでも解決できると思っている。しかし連日の猛暑だが週末に少し雨が降るらしい、野菜も高騰する前に雨の恵みが必要だと思っている

レインコートにスクリーン印刷

ポリエチレン製のレインコート、こちらにA3より少々大きいサイズでスクリーン印刷

印刷自体は工夫をしてできるようになったが、問題は乾燥だ。ラックに乗せると印刷面がラックにかかってしまうので、NG.

どうしようかと、、、仕方なく試行錯誤の結果ハンガーにつるして干すことに。それはよいが印刷後すぐに移動させるとインキ面がくっついてしまうので、ちょっとした工夫でそうならないように乾燥する

とりあえず50枚程やってみたが場内がレインコートだらけだ(笑) 知らずに入るとなんだかお化け屋敷のような不気味な雰囲気、アメリカの白装束のような感じだ。

3連休だったがほぼ毎日稼働、今日からも忙しいが3連休動いた分出だしはスムーズになるはず、、、であろう?!

rainjacket

LDPE製の袋にスクリーン印刷

LDPEというポリエチレンに類似した素材がある、よく見かけるツルツルした袋でお店等で使用されている感じの袋だ

素材はLDPEなのでポリエチレンとは異なる、ポリエチレン用のインキをそのまま使用しても密着が悪いので、表面処理を1つ1つ行い、ポリエチレン用のインキで印刷すればOKだ

枚数は300枚ほど、色は1色で両面、昨晩片面を仕上げ、今日の午前で反対側、効率よく作業スケジュールを組めばスピーディに仕上げることができる

LDPE素材へのスクリーン印刷、お問い合わせください
trackdh