印刷ブログ
BLOG

12345...

桐箱にスクリーン印刷

長方形の桐箱にスクリーン印刷で1色。硬い成形物なのでセットも早く、印刷も早い。 250個程、昨晩に少しやって今日の午前中に残りをやれば終わる。

 

印刷後は化粧箱に入れて納品、年内の急ぎはこれで最後になるかと思うが、ギリギリになって年内依頼がくる可能性もあるので、明日と来週早々もスタンバイしている。小ロットの成形物であればすぐにできるであろう

木札のタワー

木札は2色をする、1色目は赤、その後乾燥したら黒を刷る。赤は殆どが中心にあるので、ドライラックに乗せるよりはタワー上に積み上げると早い。1日おいてそのタワーから木札を取りながら黒をすってドライラックにのせる。これで作業性が早くなる。

 

昨日は終日東京だった、およそ2年ぶりの東京だったがなんだか自分がとんでもない田舎者のような感じがした。2年で何がどう変わったのかを見渡しながら歩いたりバスに乗ったりと、初めて東京に出かけたような人にみえたであろう。私的にはなにがどう変化したかを観察、分析をするつもりだった。結果としては行って良かったと思うし、やはり長岡という地方都市で引きこもっていてもだめだ。ネットのニュースやメディアの報道で知る情報と自分が肌で感じることはまったく違う

既存の絵馬に追加でシルク印刷

絵馬の部分は恐らくインクジェットか、大量にシルク印刷をやっていると思われる。その余白部分に追加で寺院名をシルク印刷

 

1色で50個程、小ロットで素早い対応。木材なので一応インキはQSETを使用、段々と寒くなってきた。秋を通り越して冬になってしまいそうな寒さだ

木札300枚にシルク印刷

取り急ぎの300枚、金曜午後にきて版が無い、データはもらったので月曜中に製版、急ぎ1面の赤を仕上げた。ドライラックに乗せると時間がかかるので、キャンプファイヤーみたいに積み上げる。これで300枚を1時間程度で終わらせる。

 

2色目の黒はさすがにキャンプファイヤーはNGなので、1つ1つドライラックに乗せる。9/30納期だが問題なく仕上がる。今週はあと3日だが、急ぎ駆け足が続きそうだ

 

木製のトレーにシルク印刷

木でできている製品にシルク印刷、個数は3個。

 

文字は1色だがロゴは2色で重なり、難しい。成形物なので縦方向に長く、ブレも出るのでなかなか難易度が高い。1つ1つ位置合わせをすれば大丈夫だと思い、他のスタッフに任せてみた。恐らく消そうと思えば消せるかな、という想定。

 

私は消せない素材のナルゲンボトルに回転スクリーン印刷を行う、こちらの単価も高いので、毎回汗だくだ。昨日は暑く、工場内も30℃近かったのかもしれない、窯をつける案件もあったので、温度上昇は早いが場内は暑い。来週以降は涼しくなるであろうと思っている

木製のお札にシルク印刷

木でできているお札の1面にシルク印刷で2色。よく見かける木札なので、まずは赤を刷って、乾燥後に黒を印刷する。

 

今回は数量がなぜか大く500個程、昨日に搬入されが今日にはおわるであろう。 今週はタイトな納期もなく、比較的のんびりしているが、来週からはどうなるか

 

薄い木材の塔婆にシルク印刷

薄い塔婆がある、こちらの両面にシルク印刷、何回忌~で違いがあるので結構種類が多い。手間はかかるが仕上げるしかない、こういう細かいことに向いているスタッフと向いていない人がいるので、そこらへんは上手に調整するしかないのかな、と思う。

 

このジメジメで昨晩の現場印刷でハジキが出てしまい、再度出直し。消泡剤で解決できればよいが、今が一番印刷に向かない湿度でもある。

急ぎの木札 シルク印刷2色

木札に2色、急ぎで2日程の納期。夕方に1色、そのまま乾燥させ黒1色で終わり。猛スピードで完成させる、1日もかからないが、ここまで急ぎは珍しい。できるときはできるが、できれば余裕が欲しいかな(笑)

 

今週も気づけばもう金曜日、まだまだやることは多いが、1つ1つ確実に仕上げる

白を印刷するのはフライパンに油を敷くような感じ

大型のベニヤ板への多色シルク印刷、ベニヤ板は茶色、白を刷らないで刷るとやはり色負けしてしまう。白が出る部分は殆ど無いが、やはり白の上に色を重ねると発色が異なる

 

白を刷らずに色を重ねていくと、料理で言えばフライパンに油を敷かずに調理をするような感じだ。白インキがもったいないという理由で引かないと仕上がりが悪い。そのくらい白という色は重要だ。

 

大型なので夏にやると大汗をかいてしまう、出荷はまだまだ先だが、いまのうちに進める事で体力消耗を最小限にできる

塗装済みの木材にシルク印刷

塗装済みの木材にシルク印刷で1色。色は白と黒、黒は1回刷りでOKだが、白は2回重ねないと真っ白にならないので、工程は2倍となる、それでもこだわりがある。一般的に見れば白、、だが、やはり白を再現できるシルク印刷職人からすれば白とは言えない。

こだわればきりが無いが、まぁそこらへんは臨機応変に調整するしかないと思っている

 

12345...