印刷ブログ
BLOG

12345...

不織布バッグにシルク印刷

不織布でできているバッグ、こちらにシルク印刷。印刷そのものは問題は無いが、少々コツがいる。不織布は生地に小さな穴があいているので、そちらにインキがはいる場合、滲みやすい。滲まないで刷れるコツを知っているので、その方法で印刷をすれば綺麗に再現できる。

 

枚数的には200枚程、1色で1面なので早い。今回はデザインが細かいので270メッシュで刷る。来週は祝日が多いが、私的にはいろいろとやることがあり、仕事もあるので祝日に関係なく稼働するであろう

角2保存袋にシルク印刷

会社の書類等を入れる保存袋、こちら100枚に黒1色でシルク印刷。弊社では慣れている印刷だが、だんだんとデジタル化が進めば書類を入れる~ではなく、PDFかネットで完結するであろう。

 

ある意味紙なのでNGが出せない、100枚に対して予備1枚だ。問題なくNG無しに完了

 

そうなれば保存袋の出番もなくなる、以前は多かったが最近は年に10-20社あるか無いかというレベルだ。私もその一人で書類は殆どPDFの添付で終わっている。これがどれだけ加速するかデジタル庁の動きが気になる

PE ポリエチレンの袋にシルク印刷

先週に続き今週も1000枚程、今回はプライマー処理無しで価格重視という事になり、密着度は悪いがプライマー処理無しでPE用インキでシルク印刷

 

正直1回使って捨てられてしまう、、、という運命であれば1000回もプライマー処理せずに良いと思う。繰り返し使うような製品であれば下処理したほうが良いが、一度きりであれば予算重視で多少の妥協も必要だと思う。

 

弊社では決めれないのでお客さんに決めてもらう。もちろん技術的には密着度がUpしているほうがよいし、気持ちが良いが、1つ1つ人間が下処理をする時間も価格に反映されてしまう。

形ある木製の成形物にシルク印刷

高さのある木製の成形物にシルク印刷。写真は表だが、実際の印刷は裏面に赤金で1色。突起物があるので特殊製版の枠で製版を行い、印刷。合計で50個程。

 

印刷そのものは問題は無いが、乾燥する場所に位置合わせが少々難しいが、慣れている。夏場が過ぎてだいぶ涼しくなって印刷しやすい環境になってきた。

 

気づけば秋が終わって冬になるんだろうなぁ、、と。コロナ騒ぎよりも雪が心配です(汗)

 

ワイヤレスイヤホンのケースにシルク印刷

高そうなワイヤレスイヤホン、1つでもNGを出してしまえばとんでもない補填金額となる。失敗は許されない、こういう案件の時ほどNGが全く出ない、、、という事がよくある。

 

ケースのフラットな面にシルク印刷なので、問題は無い。細かいデータなので355メッシュで作成、SG740コンクホワイトで刷って問題なく仕上がった。今週は細かい案件がいろいろとやってきている、1つ1つ着実に仕上げよう

LDPE素材のポリ袋にシルク印刷

LDPEはそのままでは密着しない、手間はかかるが下処理をしてシルク印刷1面1色。今回は急ぎだった、200枚で片面なのでそれほど難しい案件でもない。版を用意して下処理、すぐに印刷。

 

写真部分はメーカー既存の印刷、弊社では中心に大きくロゴを印刷。

 

問題なく納期通りに完成。今週は細かい案件がいろいろとあるが、何となくまた世の中が動き出したのかな?という感じがある。私的には土曜にワクチン接種の2回目を終えた、噂では発熱や倦怠感~だが、全く何もなく平熱のままで倦怠感も無かった。それよりは1回目より2回目の方が体調が良かった感じだ。

タイベックにシルク印刷

デュポン社が製造するタイベックという紙がある、正確に言えば紙でではなくPPの繊維を織り込んだような切れにくい紙のような材質だ

 

こちらの生地でバッグを作成したらしい、しかし上から修正をいれたいらしくシルク印刷で潰して、その上に再度印刷。できなくはないが、シルク印刷の油性インキが強いのか、タイベックが少々ゆがむ感じがあった。

 

恐らくタイベックはロール状でグラビア印刷だと思う、グラビア印刷のインキ膜とシルク印刷では大違いだ。シルク印刷はあきらかにインキの膜が厚い、そのせいもあっての歪みだと思う。

 

土曜日に2回目のワクチン接種を受けた、このブログを書いているのはワクチン接種から1日半経過した状態だが、全く普段と変わらない。発熱もなければ倦怠感もない。

操作パネル1個にシルク印刷1面

成形物で立体の操作パネル。こちら1個にシルク印刷、2色だ。それほど難しくはないのだが、その前の段階でのデータ作成が手間だ。

 

CADデータをAIに変えてもらうが、どうも担当者とのやり取りがうまくいかない。。。かれこら2-3日も経過、なかなか通じないので今日現物とポジをみてもらい、そこで確認してもらう。間に何社も入るとややこしい、できればややこしい案件は直接やりとりしたいものだ

市販の段ボールに後加工でシルク印刷

市販されている段ボール、そこに後加工でブルーのベタのような感じでシルク印刷。かれこれ数年はやっている、ベタ面が多いので少々難しいがもう慣れている。

 

市販の段ボールなので凹みがあったり角Rの度合いが違ったり、これはもう仕方がない。コツと慣れと勘でなんとかする。200枚、青1色、昨日の午後に持ち込まれてそのまま印刷。QSETインキなので1時間もすれば乾燥しているので即納できる。

 

8月が終わったが、8月はあまり良くなかった。その代わり9月は既にいろいろな案件が入ってきている、連休を無視して稼働すれば8月の少ない分を挽回できるかな、でも無理せず1つ1つ仕上げる事にしたい

PP袋にシルク印刷1面1色

PPの袋、2層になっているので少々手間がかかるが、不可能ではない。数量が多ければ袋になる前にロール状で大量に印刷をするが、今の時代そこまでの数量はあまりない。

 

ここのところ多いのがシモジマ等でかったPP袋にシルク印刷だ。数量も100~300枚というのが多い、2層なので少々工夫がいるが、コツを掴めば問題は無い。できることはやってみる、手間がかかるので単価は高い方が良いが、一度使って終わってしまうのでそこは利益度外視。手間賃さえカバーできれば良いのかな、、という見積りになる。

 

地元長岡市のアクリル加工専門の株式会社クワバラ様よりのご依頼。2種類のデザインで合計200枚。PPインキとSG740の2種類で見本を提出、1回限りということで作業性のよいSG740でOKとの承諾を得たのて早い。PPインキは細かいデザインは苦手だ。

 

今週は涼しい、このまま秋に突入するのかな、暑いと刷りずらいので、してほしいな(笑)

12345...