印刷ブログ
BLOG

123

メタクリル樹脂にシルク印刷

メタクリル樹脂という素材があるらしい、聞きなれないがようはアクリルに似ているとの情報を見つけた。密着するインキをテストしたが、弊社にある在庫のインキで問題なく密着したので、そのまま量産。30膳とスプーン30本という小ロットだったので、皆が帰宅した17時以降に一人コツコツと仕上げてこのブログを予約投稿。

 

今週もいろいろな案件があるが、それほど難易度が高いものはいまのところは無いので、順調に進める事ができるであろう。土日はどうなるかわからないが、とりあえず無理をしない程度で進めようと思っている

塩ビに穴あけ加工

印刷だけではなく、加工もできる。今回は赤い塩ビ板450枚程に1か所の穴あけ。1個1個やっていては時間がかかるのでジグを作成してある程度まとめての穴あけ加工。

 

あとはこちらに1色で印刷をするだけだ、来週早々には終わる予定になっている

 

アクリルパーティションにシルク印刷

ネイルサロン、であろうか、アクリルのパーティションの上部にシルク印刷、黒で1色。 アクリルなので2500インキを使用、透明なのでちょうどコンクブラックが在庫であるので、そちらのインキを使用。

 

印刷は早いが、開梱梱包に時間がかかってしまう。かれこれ数時間で開封、印刷は1時間程度だ。世間は祝日だが、工場の灯りをともしてコツコツと刷る

小さなアクリル1本にシルク印刷

正面から見ると定規だ、市販されていないような小さなタイプ。1本だが、メモリを黒で、その上に白でベタ刷り。 アクリルなので2500インキを使用、裏側から刷るので対候性は問題は無い。

 

昨晩からの雪で今朝はかなりの積雪になっている、また寒波がやってきた模様だが、前回ほどではなさそうに感じる

アクリル板1枚に2色のシルク印刷

透明アクリル板に2色のシルク印刷、重なりがあるので慎重に。1枚だが、気を使う。インキは2500番、白と青金。ちょうどコンクホワイト2500インキがあったのでそちらを使用、夕方に仕上げ翌日納品。

 

世間は早いところは今日が仕事納めになるらしいが、弊社はこのコロナ禍で言われている3密を避ける目的で就業形態を変えている。31日まで稼働だ、その代わり休みは自由にとるように変えている。人が働いているときに休めば宿も安いし空いている、そして混雑していない。これからの時代にあう新しい働き方だと思う

アクリルにベタ印刷

大きな1mくらいのアクリル板の外枠に黒ベタ印刷。完全なクリーンルームは無理なので、人がいない時間帯で刷って、すぐ翌朝に重ねて2回刷り。2回すれば細かなピンホールも消える。1回で終わらせれば楽だが、、、やはり細かなピンホールは気になる。

 

そこまで指摘されてはいないが、やはり良いものも仕上げたい。今週は晴れが続く、最高の製版日和だ

透明の鯨尺をオリジナル作成

弊社パートさんで裁縫が好きな人がいるが、竹でできている鯨尺では下が見えないので透明な鯨尺があったら欲しい~ ということで、AIでデータ作成し、弊社にあまっていた透明塩ビにシルク印刷

 

このようなオリジナル製品ができるのもシルク印刷の強みだ。販売してよいのかわからないので、とりあえず個人用として作成し使ってもらおう。

 

大きなアクリル板1枚にシルク印刷

1枚という小ロット、弊社の得意分野だ。こういうロットは夕方以降、人がいないときに行うに限る。昼間は人間の動きがありすぎて見えないレベルの塵埃が舞い上がっているからだ。

 

これが終わったらそのまま今日は終わり、、というわけにはいかず、他の案件もコツコツと行う。今日は少し予定が狂ったが、今週でなんとか調整して挽回しなければ

 

アクリルにベタ印刷

言われると気づく色、まぁ見ただけでは全くわからない(笑) アクリル板にベタの色違いを3色。ベタなので一番難しい印刷だ、人がいない夜で作業をしなければ埃がまいあがっている

 

色出し調整、刷り、すべて難しいがやるしかない。ギリギリなので4四方に同じ板をあてれば刷れる。今週はなんだか真夏のような日々が続いている、体調管理に専念しなければいけない

アクリルのパーティションがリピート

先月GW明けに仕上げたネイルサロン向けのアクリルパーティション。 また同じ枚数でリピートがやってきた。処分したのか追加なのかはわからないが、、、ロゴの位置を少し変えて再度作成してほしいとのことだった。アクリルなので2500番インキ、幸いにも弊社に在庫があるインキだ

 

勝手はわかっているし、版も残っているので刷るのは早い。保護シートを剥がしたり開梱梱包に一番時間がかかる。まぁそれはそれで慣れているので今回は少しは早くなると思っている。今週から世の中が完全に動き始めたかのような感触がある、しかし油断はできない。

 

自分なりにはこの先10~30年の生活がガラッと変わると思っている、ある程度は先取りですすめているし企業体質も変えている。もっと変えることはできるが、あまり先へ先へといっても周りが追い付かなければストレスになるだけだ、しかしこのコロナ騒動で変わらざるを得ない時期が来たと思っている

123