印刷ブログ
BLOG

12

アクリルへ裏刷りシルク印刷 2色

年末前に連絡があった、遠方のシルク印刷職人さんが脳梗塞になり急遽弊社で行うことになったアクリルへの印刷。版、インキ、ジグがすべてそろっているから何とかなるという案件でもあったが、蓋をあけてみればそう簡単に進むものではなかった

 

以前の職人さんがだいぶ苦労されているのを実感しながら行った2色印刷。1色目は文字列なのでジグは問題は無い、問題は2色目だ。ベタ面が多いのでジグに入れても版に付着する率が高い。形跡からして以前の職人さんは角に両面テープを付着させ、版への密着を防いでいた模様だ。しかし表面に粘着が残るので、恐らく1つ1つアルコールか何かで落としていたのであろう。相当な苦労だったと感じられる。

 

幸いにも成形ができる会社様よりの依頼だったので急遽ジグに穴をあけてバキュームで吸い上げる方式に変更したが、やっつけのジグなので吸着が悪い。。。最初はうまくいったが、やはりインキの粘度が変わるにつれてくっつきやすくなってきた。希釈を上手に調整してなんとか仕上げたが、これは大変だ。

 

インキもアクリルだからSG740で刷ろうと思ったが隠蔽性が悪い、幸いにも弊社に在庫で少し残っていたアクリルの隠蔽性をよくする2500インキがあったのでそちらに切り替えたらほぼほぼ解決はできた。しかしもう少し慣れを要する案件だ。取り急ぎ年始分の急ぎを仕上げ、朝から納品。年始早々急がされる案件ではあったが、1/2より稼働を始めた私にとってはなんとか間に合った案件だ。年始早々日曜まで稼働したが、2020年どのように世の中が動き出すかはわからない。ただひたすら案件をこなし、そして新しいことにもチャレンジしなければならない年になると思っている

名札3枚をシルク印刷

昔は名札を1つ1つシルク印刷していたが、ここ最近は積極的にやろうとはしていない。理由としては材料の手配も小ロットが難しい(それだけ材料メーカーの柔軟性が無くなっている)ので、3x6サイズで買わされてもほとんど余ってしまうからだ。かといって3x6の材料費も請求できない。

 

既存である材料や比較的小ロットで買える白の塩ビなどでは良いが、今度はカットの工程だ。小さなカットなので大きいよりはリスクが高い、よって割高となる。小さいのに高いのは?と思われる方が多いがそれがなかなか理解してもらえない。小さい板程指を切ってしまうリスクが高く、危険な作業だ。

 

位置合わせもコンマミリ単位で正確に合わせなければならないし、なにかと手間暇がかかってしまう。しかしその単価もUpはできない。どうしても~であれば作成はするが、材料は既存のもの、安くはできない、それなりの条件提示でやらざるを得ない印刷加工が名札作成だ。

 

公開はするが、新規での名札加工は行わないと決めている。特別な色指定さえなければインクジェットやシールで対応できるので圧倒的にその方が割安だし早いという理由もある。

お寺様のライターにシルク印刷

ろうそくの火消しができるライターがあるらしい、火消しの部分だけが突起しているのでそちらを避けるように製版を行う。あとは印刷をするだけだ。

 

細かいロゴがあるが、これは再現性が難しい、もちろん綺麗に仕上げたいがもともとの版下も支給されているものであり、弊社で調節ができない。355メッシュくらいであれば綺麗に再現できるが、そこまでは要求していないもようだ。今までの見本サンプルに近ければ、ということで270メッシュくらいで仕上げる

 

3連休はあったようで無かったが、日曜だけは休んだ。今朝はすでに仕事を始めている。今日午後納品の案件があり、昨晩やろうと思ったが夜の集中力に体力の限界を感じているので早めにねて朝リフレッシュしている時間帯に仕上げようと思ったからだ

アクリルの板にシルク印刷

隣町のかぎ型のごみプレートにシルク印刷、6種類ほど、黒で1色。多少高さがあるが、ホールド台よりも高いのでクランプの調整を無理やり行い印刷。

 

ロットは30~50で6種類、急ぎ、、らしいが、なんとか仕上げる。土日はフル稼働でやることにしているが、やはり作業性が良い。平日はできることをやり、あいまをみてメール返信だったり事務処理だったりデータ作成、そして製版など。だんだんと慣れてきているが、現在は少々キャパオーバー気味。増税後に少しはスローになるかと思えば全くの逆で大忙しだ。。

 

気づかぬうちに10月が終わりそう、そして紅葉狩りにも行けないで年越しを迎える覚悟をしている。せめて1日くらい大好きなローカル線に乗って紅葉を見に行きたいが実現できるか 私は鉄道マニア、とはいっても乗って日本酒を堪能できればそれで幸せな単純な人間です(笑)

 

 

黄色いアクリルの両面にシルク印刷

黄色いアクリル板、材料とカットは業者に依頼(自分でもできるが、印刷に集中)、表面は3色、裏は1色なのでひとまず裏を仕上げる

 

来週納期なので来週から毎日1色終わらせれば水曜には仕上がる。多色や両面の場合は早めに動かなければ間に合わない。今月はあと3件ほど難しい印刷が待ち構えている、1つはなかなかの難題だが、ジグに版、試作もすべて終わりあとは量産するだけだ。

 

もう1つは球体のUFOのような大きな成形物、こちらも版を固定するジグに印刷方法で試行錯誤、いろいろと考えたが昨晩ヒントがでて通常の刷り方とは異なる方法でやってみようと思い、とりあえずセットとアイディアを今日実行する。2台の校正サンプルだが、こちらがOKになれば10台、その時はすでにすべてそろっているのであっという間に終わるであろう。段取りに時間がかかっているが、量産はおそらく1時間もあれば終わる。こういう下準備が大切だ。

 

もう1つはテニスボール1000個だが、回転シルク印刷で仕上げる、例年やっているが、位置合わせが難しい。これで3年目なので来週集中すればできるであろうと自信はある。

 

土曜の午前は子供の運動会、午前中だけ見て午後は少し仕事をしようと思っている。日曜は現場印刷だが、それが終わったら夜も引き続き難題にチャレンジする。5月もあっという間に終わりそうだ。。。

工事現場の看板20枚 スクリーン印刷

工事現場に貼るような看板、3色、ロットは20枚、材料仕入れから全てをワンストップで行う。 仕入れもカットも自社でできるのだが、、その時間がないので、今回は全て材料屋さんに依頼、最終寸法の材料だけを搬入してもらい、印刷をした。

 

20枚で3色なので3版かもしれないが、枚数が枚数なのでそれぞれの色の部分をテープで目止めをして印刷すれば1版ですませることができる。なるべくコストカットをできるように考えるのも仕事の1つだ。

 

あとはハトメ加工を依頼し、納品する。今週もなんだかんだタイトな納期、、というよりは難しい案件が集中してしまい、自分でやらなければできない事が重なってしまっている、年内の週末はすべて仕事にあてると妻子に伝えてあるので、仕事を続けるが、年末年始だけは息抜きをしようと思う。 幸いなのかわからないが忘年会は11月に終わらせたので、あとは一気に走るだけだ。

 

しかし師走、だからこそ急がずに確実に進めようと決めている。急がば廻れだ、こういう時こそ急いではいけない

土日は天気が良かった

土曜日は1枚ものの大きなアクリル板にシルク印刷を行った、1枚でも700mm程あるので大きな版だった。

カッティングシートでは貼りきれない細かい点なのでシルク印刷するしかない。急ぎだったので大判のフィルムを知り合いのところで出力してもらい、そのまま製版。 土曜の夕方には終わったので日曜は久しぶりにのんびりしようと思い息子と朝から乗り鉄で電車にのりまくった。

今週も冷え込むので無理をしないようにと思っている、何点か難しい印刷が待ち構えている週だが以前やったことのある案件と新しいチャレンジになる。
tensen

印刷はベタが一番難しい

アクリルの板10枚ほど、シルバーのベタ印刷を行った。ベタといってもシルバーやゴールド系はムラが目立たないので比較的気が楽だ。

白や黒もあまり目立たないが、それ以外の色はムラがものすごく目立つ、メッシュを細かくすると綺麗に出せるがそれは素材が硬い物の時に限られる。柔らかい布などにベタを刷るときは一番難易度が高い。

かといってそれを説明しても理解してもらえることはほとんどが無いので、何とか仕上げるしかない。モノによりベタの仕上がりが異なりそして難易度が異なるという事実、インキジェットが主流な時代になっているので説明する原理も難しい。

アクリルなどは簡単な方だ、こういう素材と案件で技術を向上させることにより、他の素材にも応用ができるようになる
ginbeta

アクリル成形物へシルク印刷

写真のような自治体のゴミ表記するアクリルの板がある、設置するにあたり曲げ加工されているが、きちんと押さえる治具のようなものを簡易で作成すれば印刷は全く問題が無い。

ただこちらの案件は毎年やってくるが、アクリルの曲げ加工がすべて異なるので個体差が出てしまう。それでもなんとかなるので印刷に関しては問題はない。

インキはアクリル&屋外使用なのでSG740で印刷をする。他のインキでも密着はするがやはり屋外使用はSG740を使いたい。黒なのでMS8にせずとも色落ちはしない。色が黒でなければMS8インキで印刷した方が良い

加工済みアクリルへのシルク印刷、お問い合わせください
akuriru

塩ビの板に2色シルク印刷、そして型抜き加工

薄い塩ビの板を使い従業員の名札の下に記念バッジを作成している案件がほぼ5年毎にやってくる、今年は25周年記念らしい。

1/1より貼りたいとのことだが、こういうときに限って素材が欠品したりギリギリの依頼でバタバタとなる、、、しかしどうしようもない、なんとか仕上げなければならない。印刷は土曜には終わった、あとは型抜きと両面テープを貼る加工を月曜中に仕上げればなんとか間に合う。

500個なので印刷は2面付けだが、型抜きと両面テープを貼る作業は1つ1つやらなければならないので手間暇だが、それでも1日で終わるとは思う。これが終われば急ぎの再生PP素材ファイルへの1色印刷、こちらも再生PPだったのでインク密着のテストと下処理をしたが、どんぴしゃで密着する方法を見つけたので問題なく納期に間に合う。

年内の急ぎはこちらのPPファイルが最後になるとは思うが、私は別にエプロンや細かい案件をかかえているので、30日までは仕事を続けることになるであろうと思う。あとは年末の掃除に年賀状の用意、今週は急がず焦らず、最後の2016年を過ごそうと思っている
NASPA

12