印刷ブログ
BLOG

12345...

傘の取っ手にパッド印刷

ビニール傘の取っ手部分、PP製のところに名入れをパッド印刷。 PPなのでPPTインキを使用、印刷前はプライマーで下処理を行い、密着をUpする。

 

今回はリピート案件だったが、前回より数量が多かった。世の中いろいろと動き始めているのかな?と感じるが、それでも今週はまだ余裕がある。土日も動きたいくらいだが、無理せず休もうと思う。休めるときに休まなければと最近思うようになった

テーパーのあるタンブラーに回転スクリーン印刷

以前もブログで紹介したかもだが、テーパーがある場合は専用の機械が必要だ。今回はデザインが小さいので無理やりできると判断し、セット。何度かやったことがあるので、デザインが小さければクリアランス調整と手のコツでなんとか刷れる。

 

面積的にパッド印刷でもできるが、データ調整やらジグやら、製版で少し面倒だ。だったらまわした方が早いし、素材もPPなのでやり直しもできるから気が楽だ

 

これが面積が大きくなれば完全にNGとなるが、弊社協力工場があるのでそちらに依頼か直接紹介するようにしている。横のつながりが大事な時代、アパレルはどこどこ、テーパー関連はどこどこ、ガラス関係はどこどこ、無理難題は、、自分でやるしかないかな(笑)

箸にシルク印刷

特殊な素材でできているらしい、どんな素材かわかるので指定インキで印刷。ひとまずの先行納品分なので昼休憩の時間帯に一気に仕上げる。昨日は天気が良かった、今週は晴れマークが続くので朝早く起きれればどこかで山菜採りを5:00~7:00で行ってこようと思う。

 

今週はそれほど切羽詰まった急ぎがないが、コツコツやればできる案件ばかりだ。GW中にいろいろとやったおかげで、今週はマイペースで仕事ができている

大きなプラダン板にシルク印刷

1mを超える大きなプラダンの板1枚。ロットは50枚、ここにほぼ1mくらいの長い文字列をシルク印刷。高さは15㎝程度だが、横幅の印刷が1000㎜くらいあるので、長~いシルク印刷だ。ドライラックも弊社にあるタイプでちょうどギリギリ横幅が確保できた

 

ポジフィルムもここまで長いと大変なので3分割にしてトンボをつけ、自社で出力。あとは繋ぐだけなので、これでコスト削減ができる。製版はちょうど長い印刷で使った版の反対側があいていたので、そこに製版。リピートがくればどちらも利用できるので保管スペースも削減できる。

 

今日で4月が終わりとなる、弊社は通常通り稼働している。世間はゴールデンウィークで休みの方もいるであろうが、こういう時こそ仕事をしたほうが3密を避けられるのでは?と思う

ネオフラットボードという製品にシルク印刷

ネオフラットボードというらしいが、PPポリプロピレンらしいので、PPTインキで印刷。表面が若干プツプツしているが、問題は無い。何かの蓋になるのであろうか、そんなこともわからずにコツコツと仕上げる。

 

今週はあわただしい感じだが、無理せずに進めようと思っている。土日も休まずだったので、月曜はさすがに疲れがでてしまった。まぁ晩酌すれば元気になるであろう(笑)

白い大きなプラダンにシルク印刷

600x900mm程の大きな長方形のプラダンの上部にシルク印刷で1色。どこかの政党の選挙掲示板らしい。プラダンに対して、印刷面積はベタ ヌキ文字で赤1色。ほんの上部に少しだけだが、ベタ面が多いのでかなりインキを使ったと思う。

 

プラダン=PP(ポリプロピレン)なのでPPTインキで、看板なのでシャープな版よりは225メッシュで濃く再現したほうがよい。近くで見るわけでもないと思うので、濃さを優先する

 

土日はフル稼働だったので、日曜の夕方に1時間ほど作業して終わらせた。もう3月が始まる、二月は落ち気味だとは思ったが、後半になって大忙しになった。このままゆけば3月は休みがなさそうな気配も感じるが、身体を壊さないようにして無理せずやろうと思う

ビルポットの側面にシルク印刷

ビルポットというPP製の容器があるらしい、今回はその側面に1色でベタ印刷。突起を避けるアングルの版を使い、印刷する。ジグは簡易的ではあるが、50個程には問題なく使用できるレベルだ。

 

PPなのでプライマー処理を行い印刷、高さの違うビルポットが3種類あったが、簡易ジグを動かせばすぐに位置決めができるように試行錯誤。夕方に刷り始めて1時間程度で終了。

 

今日は夕方から現場印刷が入っている、明日の午前中に終わるであろう。そのあとは来週の段取りや製版、細かい案件をやったりと仕事三昧の週末になりそうだ

PP(ポリプロピレン)製のバインダーにシルク印刷

PP(ポリプロピレン)に印刷は問題は無い、弊社では毎日行っているので慣れている。が、今回は色だ。黒いバインダーに黄色のような色、しかも細かいデータなので白をひけない。

 

1発で指定DICを再現するのは難しい、更に細かいデータなので2回重ねるとつぶれてしまう。そこそこ1発で近い色を再現、これ以上は不可というところで校正を出すことにする。

 

ポリプロピレン製のマスクケースにシルク印刷

PP(ポリプロピレン)なので使用するインキはPPT、今回は黒1色だが、かなり細かい・細い文字列がある。T-950で希釈しても目詰まりしやすいが、幸いにも冬場なので少しは連続印刷ができる。

 

キズがつかないよう、1枚1枚紙を敷いて重ねて配置、あとは連続ですってドライラックに乗せて乾燥だ。

 

ちょうど時間もあるので、何度も版の洗浄を覚悟してやればよいという感じだ。今月はなんだか長かったような気がするが、もう少ししたら冬が終わり、春がやってくる。世の中はいまだに混乱中ではあるが、生き抜く自信だけはある

プラダンにシルク印刷 1色 小ロット

黒いプラダンに白1色印刷、ロットは60枚程。弊社の得意分野だ

 

真ん中とサイドギリギリのデザインなのであえて1回では刷らずに2か所別々、工程は多くなるが仕上がりは綺麗になる。

 

今週は気温があがって雪が消え始めている、週末までどのくらい消せるかが勝負かもしれない

12345...