印刷ブログ
BLOG

特大サイズの不織布にシルク印刷

特注で作成しているらしい大きな不織布に両面印刷、不織布はブツブツしているので中に固い板を挿入したほうがきれいに印刷できる

 

30枚の小ロット、弊社の得意分野だ。両面なので金曜に片面、乾燥は早いが寒い時期なので念には念を入れ本日反対側を印刷する。大きいので取り回しと体力を使う。今日も引き続きいろいろな案件に小ロット印刷を行う。

 

幸いにも天気が良いので製版日和だ、この時期を逃すと製版がやりにくいので、来週の製版も今日のうちに一気に行う。対外的には今日は休みだが、工場はフル稼働だ

不織布のカレンダーにシルク印刷

もうそんな時期か、、、ということでカレンダーへのシルク印刷。不織布なので弊社の場合はOP22インキを使用、PPTでも良いがOP22の方が密着が良く、発色もよい。

 

そういえば今まで弊社でも毎年日めくりカレンダーを配布していたが、、今年からやめることにした。もちろん弊社では印刷はしていない、理由は様々だが、重い(相当な重量だ 汗)、環境保護(アマゾンの火災をみて思ったこと)、デジタル化の社会とGoogleカレンダーなので、どこかでやめようとは思った。

 

一番の理由はアマゾンの火災に環境保護が強い、私的にはスーパーに行けばマイバッグを持参し、ビニール袋を利用しない。忘れたときは段ボールに入れてそれをリサイクルする。1個や2個の場合はテープで対応してもらいそのまま持ち帰る。一人一人が意識を持ち、そしてレジ袋を欧米並みの50円くらいにすれば環境破壊が削減されるとは思う。2円や数円ではまだ利用する人は減らないであろう。それに対して消費増税の2%では騒ぎになっている世の中がいかがなものかと思ってしまうが。。。たかが一人の行動でもあるかもしれないが、できることをやろうと思う。

 

今週もタイトな納期が続き、そして難しい案件が連続している。いっそのことシルク印刷会社ではなく、NPOで特殊印刷研究所でも始めようかと(笑) 研究が楽しい、しかし飯を食べるには研究では生きては行けない。。悩むところが多い毎日ではある

今週はそれほど忙しくないのでどんどん仕上げる

今週は先月の慌ただしさから比較すると忙しさを感じない、それでも毎日なにかしらを手掛けることになるが、どちらかと言えば小ロットが多い。弊社の得意分野だ

 

いつ何かどのくらいやってくるかわからないので、もたもたしていては急ぎの案件の対応ができなくなるので、はいってくるものは次から次へと仕上げるようにしている。ある程度決まっている案件もあるが資材の遅れなどでスタートができない、入って来れば一気にすすめる準備はできているが、来週早々になるであろう。ちょうどGWが始まる前の週だ、慌ただしくなるのかそれほどでもないのか。できることは1つ1つ前に進んでいかなければならない

 

今週の案件は難しい試行錯誤の案件があるので、これらは夜にコツコツ行うことになり、昼間は折角の晴れなので製版や版崩しに集中したりGW中のパソコンの入れ替えの用意をしたりと、先の事を用意しようと思っている

 

写真は不織布、500枚程、色は異なるが5月納期を今週に仕上げた。どんどん先をゆかなければ短納期対応ができなくなる。やはり私は貧乏性なのか。。

不織布の端っこにスクリーン印刷

不織布への印刷は問題はないが、今回は中心ではなく、かなり端ギリギリへの依頼だった。新規の取引先で、そうとう相見積もりをとったのであろうか、いろいろなところから同じ案件の問い合わせがやってきた。

 

通常は真ん中なのでやりやすいが、端ギリギリだと少々コツがいる、しかしそれほど面倒ではない、見た感じで単純に断られただけなのかもしれない。工夫をし、製版、1日で仕上げた。納期も1週間と短かったが、特に問題は無く納期より3日早めに仕上げ、全数発送。今週はタイトな納期は終わったが、来週の段取りをしながら4月の予定、そしてGWまでの予定をたてなければならない

黒い不織布に蛍光の黄色を再現

黒い成形物へ蛍光色や黄色を再現するのは難しい、その場合は白インキをベースに印刷、そして2~3ストロークでの重ね印刷

 

いろいろなコツや技が必要だが、これも慣れであろうか、、、最初はうまくいかないことも、何度もチャレンジし、経験を積めばできるようになる。

 

写真は黒い不織布にDICの蛍光っぽい黄色、さすがに1回ではダメなのでちょっとしたコツで再現をする。100枚だったが、弊社にはこういう小ロットがちょうど良い